フライヤー印刷や名刺のデザイン│業者に依頼すると効果的です

相手に覚えてもらうために

ビジネスカード

名刺にはその人個人の特徴が現れてくるとされています。名刺は会社関係やビジネスの相手に自分の名前や職業、役職を覚えてもらうためのものなので、できるだけ独創的なデザインである必要があります。名刺のデザインはインパクトがあれば多くの人目を向けることができますが、あまりにも突飛なものだと、相手から不信に思われることもあるかもしれません。また、ビジネスマンはスタイリッシュなデザインを好むことが多いとされていますが、あまりにも地味すぎるとかえって相手は覚えてくれないかもしれません。このように名刺のデザインは自分の職業や役職、キャラクターに合わせる必要があり、そのバランスが大切です。名刺のデザインを考える上で大切なものの一つがフォントの系統を統一することだとされています。フォント自体は文字によって多少変わっていても構いません。たとえば、自分の名前など目立たせたい部分は強調するようなフォントでないと、相手は見てくれない可能性があります。しかし、名刺のなかでもある程度のフォントの統一感は出すことが大切です。名前、職業、役職、その他の情報などが全てバラバラのフォントだと、これを見る相手はどれが一番重要な情報なのかを理解することが難しくなります。目立たせたい部分は強調して、後は基本的なフォントは揃えるといったバランスが美しいとされています。また、文字とロゴなどの名バランスを考えて、名刺のなかで余白をつくることも大切です。情報を詰め込みすぎている名刺は、相手にとっても読みにくいし、人によっては見る気さえ失せてしまう可能性があります。また、ロゴやデザインがあまりにも多い名刺も、あまりいいデザインとはいえないかもしれません。このように全てのバランスを考えて名刺をつくる必要があります。