フライヤー印刷や名刺のデザイン│業者に依頼すると効果的です

相手に覚えてもらうために

ビジネスカード

自分の名刺をつくるときに、そのデザインを考えることは、相手に自分のことを知ってもらう上で大切になります。いい名刺にするにはフォントをある程度統一し、文字やロゴとのバランスを考えることが必要です。

詳しく読む

会社の情報をのせる封筒

プリント

透明封筒に会社のロゴや情報を入れるときは、印刷会社に依頼すると便利です。会社の住所や電話番号が印刷されていれば、利用者が使いやすくなります。また、丈夫で破れにくい封筒を売りにしている会社もあります。

詳しく読む

低予算の広告材料

暦

名入れカレンダーを広告の材料として使うメリットとして、長期間使用してくれるというのがあります。また、TVのCMなどと比較すると低予算ですむので、赤字になる可能性も低くなるのです。

詳しく読む

会社の宣伝広告なら

印刷物

会社の広告や情報が積み込まれたフライヤーを、お客さんやビジネス交渉の相手に持ってかえてもらっている企業も多いと思います。このようなフライヤーは自分たちでカラーコピーをするより、フライヤーを印刷する会社に依頼した方が時間も節約ができ、便利かもしれません。実はフライヤー印刷は自社でカラーコピーするより単価が安いとされています。なぜなら、企業からどのようなフライヤーを印刷するのか事前にデータを渡してあるので、それを大量印刷することができるからです。さらにフライヤー印刷料を抑えたい場合は、インターネットで注文を受けてつけている会社に依頼するといいでしょう。そのような会社には、あらかじめ作製していたフライヤーをデータにして送信するだけでいいので、人件費が発生しないため格安で印刷することが可能です。また印刷以外の製本代や包装代といった料金も、組み込んだ料金体系になっているところが多いため、ある程度の見積もりをたてて依頼することができます。さらに、できあがったフライヤーは全国どこの会社でも送料無料で発送している会社もあります。なので、どこに住んでいてもパソコンさえあれば、簡単に注文することが可能なのです。また、完成したフライヤーを印刷会社に送ったあとに、ちゃんと完成していたか不安に感じる方もいるかもしれません。しかし、多くの印刷会社では送られてきたデータを開いてし、誤字脱字等がないかを確認する作業を行なっています。印刷できる状態でないかの疑問が出たときは、依頼者に再度メールを送信して、このまま印刷を実行していいかの確認を行なうようにしているようです。このような業務形態によって、より正確な印刷をするように印刷会社は努めています。